高齢化に対応したキャリアアップ

全国各地の医療機関や介護施設で高齢者が増えています。健康な高齢者も多いのでしょうが、高齢者の総数が増え続けていることで、治療や介護を必要とする人が増加するのは避けられません。この事態に対応するため、政府や自治体は医療施設や介護施設の充実に取り組んでいますが、高齢化のスピードに追い付いていないのが現状です。さらに大きな問題は、医療従事者の人材不足です。特に看護師の人材不足は、今後の高齢者対策にとってさらに深刻な問題になっていくでしょう。この問題の解決にも各自治体は懸命に努力していますが、増え続ける需要に応えることが出来ていません。需要が完全に供給を上回る状態が続いていて、そのギャップはむしろ増大しています。もちろん、その最大の要因は高齢者の増加です。さらに、病院経営にとって魅力的なシステムである7対1看護配置の導入が要因の一つにあります。これにより、さらに看護師の人材不足が顕在化しました。

一方、医療従事者側から見ると、高齢者を対象にした仕事は今後ますます増えることが容易に予測できます。であれば、その状況を自らのキャリアアップのチャンスととらえることもできます。現在、多くの医療機関で普及しつつある認定看護師の資格とは別に、認知症看護や脳卒中リハビリ、あるいは訪問看護認定など高齢者医療に関連する資格を取得することも将来のステップアップにつながります。医療従事者は常に最新の技術に関する知識と研鑽が求められています。自分のキャリアを伸ばしながら、高齢者社会に対応した看護に貢献することも必要ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です