看護師のケアが重要

高齢者の介護を対象とした看護師の働き場所には、施設の運営形態や入居者の心身の状態などにより、多種多様な場が挙げられます。その中でも、身体的な不具合だけではなく精神障害がある高齢者の場合は、特別養護形態で運営される老人ホームに入居するケースが一般的です。この施設は自治体が運営しているケースや社会福祉関連の事業者が運営しているケースなどが主なもので、民間の老人ホームよりも安い入居料で利用出来る点が特徴です。また、特別養護の施設では、看護師が働く場合に入居者の日常的な介護が必要とされ、精神障害や精神疾患に関する対応力も必要です。その他にも、健康管理に不可欠なバイタル測定や配薬は欠かせない職務です。高齢者という性質上、持病を持つ入居者も多いので、病状の急変により速やかな救急処置が求められる事もあります。更に、特別養護形態の施設でも医師は常駐していないケースが大半であるため、看護師は医師と随時連携して患者のケアを行う事が求められます。

これらの施設は短時間の利用や数日程度の滞在目的で利用される事も多くなるため、看護師の勤務形態も様々です。とりわけ介護施設では、日勤のみの勤務をしている看護師も多く、デイケアを中心とした施設での勤務の場合は、看護師も規則的な勤務時間となることがメリットとして挙げられます。そのため、家庭を持った長時間の勤務ができない看護師が、介護関連という勤務先を選択する傾向も見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です