病院に高齢者の姿は多い

看護師が働く現場というのは常に献身的なサービスを提供することになるものであり、相手の立場を思いやってそれを最大限に尊重するという意識が必要になります。病院であれば患者を、介護施設であれば介護を必要とする高齢者を相手にすることになるという考えをもって職場選びを考えるという人もいます。やはり献身的になるということを考えると、自分がそれをやりやすい相手を対象とするような職場を選びたいというのは事実であり、その個人的な好みを反映させることが仕事をできるだけ自然体でやっていくという上ではとても重要な観点になるでしょう。

しかし、そういった視点をもって職場選びをした際にも、思いがけない状況に立たされてしまうこともあります。高齢者の相手をするというのは話が通じにくい状況が生まれやすいことから、あまり好まない人もいるというのが事実であり、それを回避するために介護施設を避けて医療業界に入るということを選ぶ人も稀ではありません。しかし、実際に医療現場に来てみると看護師として普段相手をするのはほとんど高齢者であるということもよくあることなのです。歳を取ると身体の不調が生じやすいということからほとんどの診療科では老人が多くなるというのが事実であり、小児科や美容外科といった特殊な場合を除けばその応対を行っていかなければなりません。看護師の仕事としての性質上、高齢者と向き合うことはほとんどの職場において避けて通れない道なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です